前へ
次へ

制度を活用しインターナショナルスクールに通う

近年の少子高齢化対策として、教育にかかる費用を補助してくれる制度が充実傾向にあります。そうした政策の一環に幼稚園や保育園の無償化というものがあります。3〜5歳の子どもを持ち、共働き等の条件を満たしている世帯が対象で、最大3年間の利用料が無料になるというのが、この制度の概要です。ただ、この制度の対象施設を見てみるとインターナショナルスクールという文言が無いため、子どもをインターナショナルスクールに通わせようとする際には、この制度を使えないと思っている人も多いと聞きます。実際にはその様な事は無く、インターナショナルスクールは無償化にはなりませんが、補助金が出る対象となる施設に該当します。ただ、厳密にいえば、利用料が減額されるという形式ではなく月額最大3万7千円までの補助金が自治体から補助されるという形式である点に注意が必要です。それに加え、多くの所はこの制度の対象施設ですが、スクールによってはそうではない所もあるので、その点の確認をスクール側や自治体側等に確認が必要になります。あまり確認しないでどこも大丈夫だろうと考えてスクールを決めて、後にお金の工面で大変な思いをしたという事が無いようにしましょう。インターナショナルスクールを含む認可外保育施設等の補助金の支給額は、通う子どもの年齢によって異なります。3〜5歳までの子どもは月額最大3万7千円、さらに住民税非課税世帯は0〜2歳までの子どもを持つ家庭に対し、最大4万2千円までの補助金が出ます。そしてこの補助金は、月ごとに自治体に申請る必要がある点にも注意が必要です。まず利用料を支払い、後日自治体ごとの申込方法で補助金申請を行います。今後の社会情勢の変化に応じ、こういった制度は変化していくものと考えられます。現状ではこうした制度の恩恵を受けられないという世帯でも、法制度の変化等により補助を受けられる可能性も出てくるので、こまめに近況等をチェックしておく必要があります。

年少さんから学べる幼児の通信教育セット
3才から楽しい勉強始めてみませんか?

日本の習慣にも馴染める保育をしてくれる大阪のインターナショナルスクール
日本の幼稚園と準じたカリキュラムですし、季節の日本の行事や童謡なども学べるので小学校入学後に戸惑う心配がありません。

電話で学べるデイリコールのフランス語レッスンを始めよう
発音がわかるようになると評判の授業をお届けしています

個別指導とコーチングのその先へ【アイディール東京】
一人ひとりの生徒様に合わせた授業を行います

マンツーマン授業でしっかり学べる
わからないをなくせるから合格へと近づきます

Page Top